競馬日記 夕映えのスタンド

1990年代ダビスタブームを過ごし、2021年のウマ娘ブームで競馬熱が開花した人の日記です。自らの所感と知識をまとめるためにロング版twitter感覚で逐次投稿します。

G2 AJCC アメリカジョッキークラブカップの結果分析

www.youtube.com


race.netkeiba.com


 ノースブリッジが好位追走から差しきり勝ち。右回りの方がハイパフォーマンスという調教師のコメント通りの結果となった。
 2着エヒトは田中勝春専用機の感。
 3着ユーバーレーベンは久々の圏内。

  • 1倍台に推されたガイアフォースを買ってた方が「ルメール仕掛けるのが遅いよ!」と多数コメントしていて、これは自分も気になりました。連勝でオープン入りし2番人気(しかし全然だった)エピファニーに気を取られていたと考えられています。人間の方が相手なりの状態?
    • シャムロックヒルとバビットが逃げたあと隊列が定まらず出入りが多かったため、ここで結構脚を使ってしまったかもしれない。上がり3ハロンのタイムが遅すぎる。逃げた馬はいずれもあまり人気がなく推定能力もそう高くないため(シャムロックヒル13人気175倍 バビット6人気14倍)強く競りかける馬がなく、それより後の位置でどこを取るのか様々な選択肢が生まれていたという印象です。
      • そもそも冬の中山最終週で逃げ切り・逃げ粘りという画は描きづらいです‥‥
  • ガイアフォースは戦績と決め手の形から、夏の高速馬場で見直したい。2023年のサマー2000シリーズチャンピオンを目指すイメージです。戦績や期待度の関係で春秋中心で使われそうなのが気になりますが‥‥。
    • 朝日杯セントライト記念AJCCと同コースでも夏。
    • 小倉はコースが小さい割にコーナリングスピードは速いレイアウトになっているため、ここで圧倒的タイムを叩き出した事に何かカギがありそうな気がします。(スパイラルカーブは道路工学的には何曲線というのだろう?)
  • エピファニーはなんでこんなに人気があったのか全然分からないというのが正直なところです。4連勝中だから?相手関係一気強化と、1800mのみで4連勝から延長して2200mが重なると結構負担が大きいように思います‥‥
  • いつもシビアに評価しているユーバーレーベンの3着内を予期できた事に大変満足。
  • ユーバーレーベンは東京のオークスで勝ったけれども「強いゴールドシップ産駒」という感じでテクニカルコースに投入した方が合う印象です。騎手も特別な事情なければ駆け引き強いミルコ・デムーロのはずで、その傾向を強調します。非根幹距離(≒日本のレース体系における非主流)でまた見たい。
  • 「これに活躍して欲しい!」とか「高配当欲しい!」みたいな事を考えないで機械的に買えたら、ノースブリッジ―エヒトはいずれも長所がはまった形で、消去法で考えるとこれしかない結果ですね‥‥1番人気1倍台も2番人気も3番人気も連対できない所まで行って馬連39.5倍しかないオッズに出てます。
    • ワイド3通りはいずれもこれで10倍超えてくるのはかなり高い配当。自分が狙ったユーバーレーベン―ラーゴムはさらにその倍をいく22.7倍でした‥‥笑 4着。
    • ラーゴムを狙ったのは、前走中山金杯で着順の割に着差が小さかった上、冬の硬い馬場がダート活躍馬に合うと予想したためです。

リアルタイム時コメント

G2東海ステークスの結果分析

www.youtube.com


race.netkeiba.com

  • スタートと同時に落馬したカラ馬が延々絡んできたので、逃げ続けたプロミストウォリアが異常に有利になったよねという感じで、レースとしてはコメントし難い。
    • 逃げ馬のムルザバエフは理論最適値通りの動きができるため常に要チェックだ。ラップがどんな騎手よりも正確。そのうえ最後に豪腕で残すことができる。(馬は騎手の腕力では走らないが、そうとしか表現のしようがない状況だ)
  • この状況で中団から2着まで差し届いたハギノアレグリアスは地力が高い。
  • 指数ではかなり遅いウェルカムニュースが1800ダートのサトノアラジン効果か4着にまで届いているのは驚きました。
    • なぜこんなに特定距離で強いのか?これは本当に謎なので遺伝学的に解明して欲しいですね笑 1600m(東京)でも、1700m(小倉)でも極端な好成績ではなく、1800m(阪神・中京・中山)だけありえんほど強い。buffが乗る。
      • オーストラリアとニュージーランドサトノアラジン牡馬は芝の重賞勝ちまくりリステッド競争勝ちまくりなのに、日本では1勝クラス入りすらほぼ全てダート。不思議なところです。クセ強すぎて好きな種牡馬
      • モーリス産駒が大活躍しているのもオーストラリアの特徴。何か特別上手くハマる馬場があるのだろうか?
  • 中京1800mはスタートが結構急な上り坂になっている所でダッシュつける関係で、出ると同時に落馬が非常に発生しやすいとされている。

掲示板が全馬9文字のレースだった笑

  1. プロミストウォリア
  2. ハギノアレグリア
  3. ハヤブサナンデクン
  4. ウェルカムニュース
  5. スマッシングハーツ

リアルタイム時コメント


指数的にはかなり拮抗している印象を受けたため、オッズ・レース傾向に逆らって荒れる側で予想していた。

今週のPOG!1月21日・22日

 今週出てくる2頭は正直に言って特に弱い‥‥。テンションはロー。

今週の結果と分析

 JRAVANシェアポイントのテイエムチョウテンはダート未勝利戦で9着に敗れました。ブリンカー装着でちょっとはマシになっているかな。先行力はあるのでいつかハマれば何とかだが。70倍とかのオッズ相応ではありますね。
 夏の小倉の枠ゲーで内を引いて無理矢理前残りして欲しいとか、それ位しかアイデアはない。そしてPOGは5月末でおわり。
race.netkeiba.com


 JRAVANシェアポイントのレモンオーラは13着に敗れました。勝つビジョンが正直描けない‥‥
 中位一杯といった感じでは。ハーツクライアメリカダート重賞母の組み合わせでこんな弱いのは珍しい。調教は遅すぎって事もなさそうだが。デビュー時CW84.2-11.6。
race.netkeiba.com

netkeiba

なし

 ドウフォルスは1月28日の中京ダート1900m未勝利戦を目標としているとのこと。ハーツクライ産駒で芝は新馬戦だけというのは全然納得いかないよ。スピード不足以上にレースを理解してない感じの走り方だったし‥‥。

 ガルヴァナイズはドウデュースと併せているとの事で楽しみです。

JRAVANシェアポイント

 テイエムチョウテンは連闘で土曜中京2R未勝利 ダート1200mに挑戦します。ブリンカーも装着。この馬はレースで真面目に走ってないんじゃないか?調教タイムからそう速いものではないが‥‥変身に期待。変身してもまだ全然遅いと思われるが。特にダート。去勢さえ含めてできる事は何でもやって欲しい。
 騎手は引き続き松田大作。こう極端に勝率の低い馬は減量騎手ですら断るなんて事もあるかな‥‥?
race.netkeiba.com

 レモンオーラは日曜小倉2R未勝利 1200mに挑戦します。はっきりいって弱すぎるため、内枠引いてのラッキーパンチに期待するのみ。小さな馬で一発狙うなら長距離の方がいいように思うのだけれど、番組表にまだないんだよね。
 騎手は西村淳也 。こちらも減量騎手が欲しい。ちょっとでも馬の能力を盛らないと。そもそもライバルはそうやって盛って来ているのがローカル未勝利戦。
race.netkeiba.com

 エイムインライフは次走2月4日土曜日の中京1600mリステッド競争エルフィンSを目標としています。この相手関係なら何とかなるかな?めぼしいライバルは皆3月の阪神G2フィリーズレビューか2月11日土曜の東京G3クイーンカップを目標としています。

優駿POG

 3億円ホースのリプレゼントやっと入厩完了。
 エイムインライフは上記の通り。
 テラステラは3月18日土曜のG3ファルコンSが目標。(サウジダービーも登録は行ったが、相手関係見て出ないだろうと推測)

G3京成杯の結果分析

www.youtube.com

  • ソールオリエンス強すぎ。
    • コーナリングの下手さ加減で、あの走力を持ってなおデビューが11月まで遅れたのも納得。
      • 近親ラヴなら欧州それも凱旋門賞での活躍もいつかは‥‥!
  • 2着オメガリッチマンは他馬に不利与えすぎ。ただ母母アルゼンチンチャンピオンなど血統レベルから興味深いものがあるためフロック視しすぎるのも問題あるように思う。
  • 3着セブンマジシャンは不利被害が大。これより下は「相手が悪かった」で済ませるしか。
  • 3人気6着シャンパンカラーは「思った通りに乗れたが距離適性的に苦しかった」という趣旨の騎手コメントあり、それでこの結果なら着順より悪い。中山2000mは小回りなので距離適性以上に大コース長直線で見直したい。(東京2戦2勝)
    • シャンパンカラーが勝ったベゴニア賞は東京マイルの上がり3F33.1秒で超がつくくらいの上がり勝負ですね。フェアリーSで大敗した2着ヒップホップソウルもだけれど、このレースは大箱向きが集まった形か。
      • ベゴニア賞3着のエバーハピネスが東京マイルのG3クイーンカップに出る方向で、このローテが正解のような気がする。

race.netkeiba.com
race.netkeiba.com
db.netkeiba.com

G2日経新春杯の結果分析

www.youtube.com

  • 優勝したヴェルトライゼンデの59kgは周りも1kg重くなってる上に490kg級の大柄な馬なので全く問題視してなかった。それでもこの走りは見事。屈腱炎の損傷率は出資者ですら数字では知らないようだけれど、いつか出てくるかな。復帰の基準馬にしたい。
  • キングオブドラゴンは上手くはまった。大穴でもワンチャンあるのはスロー逃げ前残りなのである。
  • プラダリアは青葉賞で一回燃え尽きただけで、今いいときに戻ってるという評に納得。
  • ヤマニンゼスト神戸新聞杯は「気がつけば2着」の感も、あれが実力だった。強い。
  • ハヤヤッコは騎手コメントで「意外と素軽いタイプ」とあり今後も注目したい。今回はハンデが重く相手も強かった。
  • 自分の応援しているサンレイポケットが長直線の中京コースで全く圏外だったのは残念。8歳馬で残されたチャンスは少ない。エフフォーリア・コントレイル・グランアレグリアに続いた天皇賞・秋のパフォーマンスよもう一度。
  • ハンデ戦の割に全体的に着差が大きい印象だ。新斤量ルールと有力馬の多さで調整が難しかったのではと推測している。

race.netkeiba.com

今週のPOG!1月14日・15日

 最近のローテにおいてクラシック本格開幕の共同通信杯が2月2週。古典的開幕の弥生賞が3月1週。これらに中3週から5週ほどで挑みたいと逆算すると、1月最終週の東京開催から5月末のダービー決着まで怒濤の展開は目前。

この更新はdiscordで行っていたものをほぼそのままblog化したものです。

今週の結果と分析

 netkeibaで指名したルモンドブリエは先週明らかになった屈腱炎が両前肢で回復不能引退となりました。どんなレースよりも残念です。
 ラクレソニエール産駒の牝馬はこの下にロードカナロアとの牝馬が1頭いる。母はフランス1000ギニーオークス優勝で、牡馬なら種牡馬級の戦績。血統的に繋がって欲しいものです。これに関連して、社台ファームが母父ルアーヴル配合を好んでいる理由も気になっています。
db.netkeiba.com



 JRAVANシェアポイントのバースクライはバースクライはリステッド競争・紅梅Sで2着。800万円ポイントを161人で獲得!中京1400mよりもっと長いコースでこそのハーツクライ産駒なので次走も期待。レース結果としては悪くないが、収得賞金加算できないのは後から見ると少し苦しいかもしれない。斜行があったのもちょっと納得しがたい。(1位入線イーガンのダルエスサラームはヨレている側に向かってムチを連発しており降着になってもおかしくないが、繰り上がってバースクライ含む他馬が勝つのも脚色的に無理がある)
 このレースの後、降着ルールを学びました。
紅梅ステークス(L) 結果・払戻 | 2023年1月15日 中京10R レース情報(JRA) - netkeiba.com

入線した馬について、「その走行妨害がなければ被害馬が加害馬に先着していた」と裁決委員が判断した場合、加害馬は被害馬の後ろに降着
カテゴリー1への移行~降着・失格のルールが変わる(水野隆弘) – 競馬ブック コラム


jockey-sanction.com


 大きな不利を受けたガンランナー産駒パルクリチュードは芝でもかなり強いと考えて良さそうです。アメリカダートはサンデーサイレンス産駒同様に日本の芝トラックとの相性絶好も珍しくないと考えています。


 テイエムチョウテンは未勝利戦17着に敗れた。シルバーステートは繁殖の質を問わないのがシェアポイントPOGでの大きな魅力ですが、ここまで弱いと未勝利抜けるのはほぼ無理です。
3歳未勝利 結果・払戻 | 2023年1月14日 中京5R レース情報(JRA) - netkeiba.com


 優駿POGのプレドミナルは夏の新潟新馬戦でダノントルネードと激戦を繰り広げたシャザーンに敗れました。「勝てるかっ!」というのが正直な感想です。3着は確保。ハイレベルレースで1~3着以下にかなりの着差がつきました。
 藤原英昭調教師は対戦相手のレベルとかあんまり考えない方?と気になりました。マッチング運が悪すぎるという感じなんですが、未勝利の2000m路線だと自ずとこうなるんですよね。関西なら尚更。
 展開や馬場の差はありますが、3歳未勝利の2分3秒8でG3愛知杯掲示板載れてしまいます笑
3歳未勝利 結果・払戻 | 2023年1月15日 中京5R レース情報(JRA) - netkeiba.com
愛知杯(G3) 結果・払戻 | 2023年1月14日 中京11R レース情報(JRA) - netkeiba.com

 ダノントルネードvsシャザーンの新馬戦はリバティアイランドから2日続けて凄まじいレースだったと当時話題になっておりました。(ラップ的にはリバティアイランド戦がはるか上位レベル)


 エゾダイモンは6頭立ての5着に敗れた。血統的には成長に非常に時間がかかると考えられているため、今は焦らず。
3歳1勝クラス 結果・払戻 | 2023年1月14日 中京6R レース情報(JRA) - netkeiba.com

netkeiba

なし

 ディープインパクト産駒メズマライジング早く出てくれ~ 福永祐一引退まであと1ヶ月。4月上旬の桜花賞までに2回使って連勝決めるにしても、現代的ローテーションなら1ヶ月半くらいかかる筈。始動の事実上の締切になる2月下旬から2戦2勝の成績を積む‥‥この馬ならできるかもしれません。
 1月最終週の東京開催待ち?

JRAVANシェアポイント

 バースクライが日曜中京の牝馬限定リステッド競争 紅梅ステークス 出走。
 事前5番人気でライバルとの力量差あるが、ダメもとでもないライン。
 特別手強いのはクインズエルサ岩田望来、サンティーテソーロ横山和生(スタートが抜群に上手い)など。ガンランナー産駒パルクリチュード鮫島克駿初芝でも意外と強いかもしれない。
race.netkeiba.com

 テイエムチョウテンが土曜中京5R未勝利1400mに出走。
シルバーステート産駒・先行力は着順よりずっとある・得意コースで何とかなってほしい。指数は最低水準に達してません。ライバルは全部と言わざるを得ないレベルにすぎない。100倍でも驚きなし。松田大作騎乗が予定されているが、減量騎手の方が嬉しい状態。関西の上手い若手騎手はだいたい小倉行ってるのでそのメンバーが薄い。今村聖奈や角田大河は無理でも、鷲頭虎太や川端海翼でも助かる位。
3歳未勝利 出馬表 | 2023年1月14日 中京5R レース情報(JRA) - netkeiba.com

 エイムインライフは阪神JFに出たのは良いけれど、結果論では抽選突破しなかった方が良かったかもしれない‥‥ダメージ受けてローテが苦しくなっただけというのか‥‥リバティアイランドがあれほどまでに圧倒的とはさすがに思わなかったが。

優駿POG

 プレドミナルが日曜 中京5R未勝利戦2000mに出走。1勝特別戦残念組みたいなかなり強いメンバーで大丈夫かな?シャザーン登場。マテンロウアルテ横山典弘が一番気になる。
3歳未勝利 出馬表 | 2023年1月15日 中京5R レース情報(JRA) - netkeiba.com


 エゾダイモンが中京6R 3歳1勝クラス2200mに出走
3歳1勝クラス 出馬表 | 2023年1月14日 中京6R レース情報(JRA) - netkeiba.com


 テラステラはサウジダービーに登録を行った。万一好成績を収めた場合、JRAでないため0ポイントで微妙な感じになってしまう笑 賞金は90万ドル。皐月賞との二択です。どちらが良いのかはプロにしか分からない。ダートでも勝っているこの馬なら尚更です。

 ノーブルクライ帰厩。東京2400mの3歳1勝特別戦ゆりかもめ賞目標説があり、そうであればこのレースって重要なんだなと思います。netkeibaPOGのラスハンメルと当たってしまう。レースキャリア全体通して最初の東京2400m特別戦はステイヤー質過ぎるためか、ここを通って3歳時に明確に成功したのはブラストワンピースくらいのようです。

今週のPOG! 1月7日~9日 3日間開催


この更新はdiscordで行っていたものをほぼそのままblog化したものです。

今週の結果 2023年01月10日追記

 JRAVAN シェアポイントのミタマはフェアリーステークスで12着に敗れた。

 「好位で脚を溜めて展開したい」との旨でしたが、今週の中山外スタートは内枠先行粘りが異常に有利だったため外枠後方展開を意図した段階でもう既に勝利の目はなかったように思います。ただしこのレースで勝ったキタウイングは後方追込。なぜ上手くハマったのか正直なところよく分かりません。G3新潟2歳ステークス勝馬で人気からは全く考えられないほど地力上位だったと推測するのが良さそうです。杉原誠人騎手が神騎乗だった事は前提としても‥‥。


 優駿POGのロードマンハイムは未勝利戦で8着に敗れた。

 ロードカナロア欧州血統ニックス説に基づいて選択したのですが、それ以前にまだまだ力不足です。そもそも、ここでいう「欧州血統」はシーザリオが持つサドラーズウェルズの血の事を指しており、ドバウィではちょっと方向性が違うみたいです。(本来のイメージ活躍馬配合:サートゥルナーリアは母母キロフプリミエールがサドラーズウェルズ産駒でしかもアメリカの重賞を勝っている)

netkeiba

なし

 大変残念なニュースが入りました。ルモンドブリエが屈腱炎で回復まで9ヶ月かかります。フランス1000ギニー勝ち馬ラクレソニエールの仔が‥‥。POG期間中の復帰は不可能です。
ダイヤモンドハンズ・ネアセリーニに続いて深刻な故障で参った。

 ラスハンメルは2月5日のゆりかもめ賞を目標に。集中力あるタイプとは到底いえないようなので、賞金少ない1勝馬の身で2400m戦挑んで大丈夫かな?菊花賞路線になりそうです。

 GI優勝してくれたドゥラエレーデのムルザバエフ騎手は短期免許を年明け早々に取ってしまったため、クラシック戦線での継続騎乗は不可能。この後は皐月賞→ダービーくらいしか出ないだろうからね。ムーアかそれに近い豪腕騎手を求む。とにかく力のいる馬です。多分川田将雅でも腕力足りない。

 netkeibaPOGは故障が多すぎてゲームにならない‥‥というのが正直なところだ。

1勝以上で健康体なのがこの2頭しかいない。

  • ドゥラエレーデ(ホープフルS優勝!)
  • ラスハンメル(従順でないようなので、クラシック終わったらセン馬にされてしまいそうだ笑)

1勝以上の壊れた方々

  • ダイヤモンドハンズ(骨折 復帰後無敗で進めば3歳1勝クラス→京都新聞杯→ダービーで間に合うと思う)
  • ネアセリーニ(骨折 ダイヤモンドハンズよりは治りが悪い)
  • ルモンドブリエ(屈腱炎は確定したので損傷率が知りたい。この血統かつ牡馬でなければ即引退レベルだと悲観視しているが‥‥ヴェルトライゼンデが21年3月頃発症して22年6月復帰なので、復帰は2024年春の4歳以上1勝クラスからかな。ロンも1年2ヶ月+を要していますね。

 ディープインパクト最終世代かつ母北米重賞勝ちでメズマライジングとの二択で外した側のライトクオンタムの方が重賞のシンザン記念に出て1番人気なのは悔しいです笑
(このライトクオンタムが結果優勝しました)

JRAVANシェアポイント

 ミタマが月曜G3フェアリーS出走予定。絶対的な存在はいないレースながら、賞金加算圏内に入るのはちょっと望めないのが正直なところだ。牝馬限定未勝利の阪神1800mというちょっと長めでようやっと勝てるような馬だからね。混走特別戦それもマイルでバリバリやってるものには分が悪い。
https://race.netkeiba.com/race/shutuba.html?race_id=202306010411race.netkeiba.com

バースクライは1月15日のリステッド紅梅Sを予定。

優駿POG

 ロードマンハイムは三日間開催の月曜日、中京7R 3歳未勝利 2000m出走予定。調教は抜群でライバルもそう強い印象ないがどうか。
目立つライバルは福永祐一騎乗のピースオブザライフ、テイエムオーシャン桜花賞秋華賞優勝の仔で川田将雅騎乗予定、前走同コース2着のヨリマル、デヴィッド・イーガン騎乗予定のワレハウミノコ等‥‥自信がなくなってきた笑
race.netkeiba.com


 ダノンジュリアスがようやくゲート試験合格した。勝率にこだわる藤原英昭厩舎なのでこのまま早めに出走からの一発回答を期待したい。

 プレドミナルは1月15日の未勝利で強敵シャザーンと当たる可能性が濃厚。